髪染めよー

まぁ黒染めすりゃいいっか〜

っていうのはあまり良くないです。
ご利用は計画的に。


黒い=髪の毛が健康というわけじゃない
日本人は黒い髪の毛が生えてきます。
これは新生毛(バージン毛)と呼ばれており、いわゆる一番健康な状態です。

染めたことない、パーマかけたことない人は基本新生毛として扱うので黒髪です。もちろん地毛が少し茶色い人もいますが、あくまで基本は黒いです。

黒染めというのはたまにターンカラーと呼ばれてたり、黒髪戻しなんて呼ばれてますね。

ここで誤解が生まれやすいのですが、黒髪に戻したからといって髪の状態がリセットされているわけではありません。

染まった髪がただ黒く染め直されてるだけで、見た目は新生毛ですが完全に別物です。

一度染めた髪というのは何をしても元には戻りません。脱色(メラニンを破壊)した髪の毛はずっとそのままですし、何かをして新生毛になることは絶対にありません。


黒染めが何故ダメなのか
と言ってもケースバイケースなので別に悪いわけじゃないです。
ただ、黒染めした後の髪というのは非常に染めづらいですし、染まりづらいです。

染まらないといっても過言ではありません。普通に染めたらほぼ100%ムラになります。



黒染めは落ちない
よく「3ヶ月前くらいに黒染めしたけど、落ちてきて茶色くなったから染めれる」と言う人が居ます。

染まりません。

髪が明るくなったとしても、黒染めは落ちてません。
ブリーチや、それに近い脱染材というものを使わない限りは綺麗に染まらないです。

ましてや、白やシルバー等の色素の薄いカラーなんてのは限りなくできなくなります(もしやろうとするなら髪の毛が溶けて無くなるのと、お財布から諭吉さんがたくさん消えていく覚悟してください)


どうしても黒染めしなければならない
そういう状況もあると思います。
例えば校則もそうですし、冠婚葬祭とかもそうですね。

別に黒染めするのが悪いとかじゃないんですが、安易に黒染めを選択するのはやめた方がいいと言うのと、黒染め後のカラーは非常に限定されてしまうという認識を持っていた方がいいかなと思います。

黒染めから綺麗に染めるには、大体はブリーチやそれに近い薬剤を使用することになります。
もし髪の毛を綺麗にしておきたいと思うなら黒染めはしないほうがいいですし、ダメージ気にしないで好きな色にしたいというならブリーチしましょう。

ダメージも気にする、けど髪の色も色々したい、という欲張りはちょっと難しいかもしれません。


黒染めする際は今後のヘアカラー計画を相談した方がいいですね。